白洲迅ドラマ収録中病気再発の危険?本名と改名理由? | にゅーすじゃぱん

Sponsored Link

白洲迅ドラマ収録中病気再発の危険?本名と改名理由?

10月スタートのドラマ「ごめんね青春!」には、
若手の注目俳優が多く出演しますが、
中でも白洲迅さんの存在が気になります。

これまであまり聞いたことがない名前でしたが、
珍しい目立つ名前だったので……。

白洲迅さんは舞台
「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」で
鳳長太郎役を演じ、2011年にデビューしています。

白洲迅2

現在22歳の白洲さんは、
もともと2010年に
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のベスト30に
残ったことがきっかけで芸能界入りしたんですね。

ジュノンボーイのコンテストというのは、
グランプリや準グランプリの受賞者じゃなくても、
芸能界入りして現在活躍されている人も
実は多いんですよ。

ちなみにあの三浦翔平さんや、
菅田将暉さんもグランプリ、
準グランプリ受賞者ではありません。

なのに、今や2人とも
大人気の俳優さんですから、
白洲さんもこの先どれだけ大きくなれるか、
可能性は十分にあるといえるでしょう。

2012年5月に実は、所属事務所を
移籍しているんですが、その際に名前を
「白州 迅」から現在の「白洲 迅」に
改名しています。

本名ではないと見られていて、
「佐々木迅」が本当の名前だという
話が聞かれますね。

白洲迅

改名の理由も、あくまでもウワサですが、
「白洲次郎」というかつての官僚の人物に
憧れていたから、なんて話があります。

NHKでドラマ化も以前されましたが、
その時に白洲次郎役を演じたのが、
伊勢谷友介さんだったんですね。

ちなみに青年時代は、
高良健吾さんが演じていたようです。

それは2人とも、憧れるにふさわしい
雰囲気だったのかもしれません。

そして、新たなスタートを切った
白洲さんだったのですが、
8月に出演予定だったミュージカルを
降板せざるを得なくなったんです。

というのは、舞台の稽古中に
肺気胸を患ってしまい、
手術が必要な状況になったためだったんですね。

肺気胸というのは、何らかの原因で
胸の膜に穴が開いてしまい、
肺が縮んでしまう状態のことだそうです。

呼吸困難や咳、胸の痛みといった症状があって、
圧倒的に背の高い痩せた男性が
発症しやすいそうで、通称「イケメン病」とも
呼ばれているとか。

白洲さんは2012年に手術をして、
その後無事に仕事にも復帰していますが、
実は再発しやすい病気だそうです。

仕事のスケジュールが忙しくなって、
ストレスや疲労がたまったりしてくるような状態が
もっとも発症しやすいと言われているので、
白洲さんにも今後も気をつけて頂きたいですね。

とはいえ、俳優としては、
売れてこないのも寂しいですから、
「ごめんね青春!」をきっかけに、
さらに活躍の場が広がることを期待したいですね。

Sponsored Link

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » にゅーすじゃぱん

この記事へのコメント

にゅーすじゃぱん TOP » 俳優 » 白洲迅ドラマ収録中病気再発の危険?本名と改名理由?